So-net無料ブログ作成
検索選択

南京大虐殺が無かった証です [特定アジア]

サーチナより、中国人のブログ記事について

>「中国人はずっと、日本人は南京大虐殺で中国人を大量に殺害したと言っている。この大虐殺は2―3カ月もの間続いたと言っているが、その間中国の軍人はどこにいたのか?2カ月も続いていたとすれば、どこにいても駆けつけることができたはずだ。日本軍人はわずかに5000人だったそうだが、中国軍はなぜ南京の市民を守らなかったのか?」

そりゃ、答えられないだろうなぁ。

>資料を調べて分かったのは、当時南京に侵攻した日本軍は5000人ではなく6万人であったこと

いつの間に一桁も増えたんだ?

南京にいたのは多くの売国奴であったということ

それで中国の軍隊は救わなかったとでも?
だとしたら日本軍を攻め立てる方がおかしいのでは?

>また、私はGoogleで検索したのだが、何の資料も見つけることができなかった。
>当時、中国軍が何処で何をしていたのか、一切の記述が無いのである。

そりゃ、起きてもいないんだから何も見つからないでしょ。
所詮、特亜の主張ってこんなもん。

さて、このブログ主は御友人にどんな答を捏造したのだろうか。

---------------------------------------------------------------
【中国ブログ】南京大虐殺の際、中国軍は何処で何をしていた?

  南京大虐殺に対する日本と中国の認識には一定の溝が存在するようだ。中国側は2―3カ月という期間に30万人の中国人が日本軍によって虐殺されたと主張している。このブログは中国人ブロガーが南京大虐殺が行われていた期間中、中国の軍隊は何処で何をしていたのかという質問に対しての考えを綴ったものである。以下はそのブログより。
--------------------------------------------------------------
  米国人の友人と食事をした際、一つの質問を受けた。

  「中国人はずっと、日本人は南京大虐殺で中国人を大量に殺害したと言っている。この大虐殺は2―3カ月もの間続いたと言っているが、その間中国の軍人はどこにいたのか?2カ月も続いていたとすれば、どこにいても駆けつけることができたはずだ。日本軍人はわずかに5000人だったそうだが、中国軍はなぜ南京の市民を守らなかったのか?」

  以上が、米国人の友人から受けた質問だ。私はこの質問を聞いて唖然としてしまった。私はこれまでこのような問題について考えたことが無かったし、私の周りの人間も考えたことが無かっただろう。

  米国人の友人は私に「当時、共産党や国民党は一体何をしていたのか?」と尋ねてきたが、外国人たちは、これについて、「彼らは旨いものを食っていたに違いない」と言っていた。私はこれに対して、それはあまりにも誇張された考え方だと反論したが、確かに良い質問だと感じ、帰って調べ、後でメールすると答えた。

  資料を調べて分かったのは、当時南京に侵攻した日本軍は5000人ではなく6万人であったことと、南京にいたのは多くの売国奴であったということだった。友人からの質問は私を大いに混乱させることとなった。また、私はGoogleで検索したのだが、何の資料も見つけることができなかった。当時、中国軍が何処で何をしていたのか、一切の記述が無いのである。私は友人に対してどのように答えれば良いのだろうか?(編集担当:畠山栄)

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0522&f=national_0522_003.shtml
nice!(4)  コメント(5)  トラックバック(2) 
共通テーマ:ニュース

nice! 4

コメント 5

deliciousicecoffee

>当時、中国軍が何処で何をしていたのか



大半の支那軍は蒋介石と共に漢口に移動していた。
南京では支那軍による虐殺はあったが、日本軍による虐殺はなかった。
そのため、漢口に居た支那軍は特に何もしなかった。

1937年12月10日頃、南京に残った約8万~9万の支那軍のうち、約4~5万の支那兵が南京から逃亡・脱出し、南京が陥落した12月13日でも南京に残っていた支那兵は戦死者も含めて約4万と推測される。


■12月13日まで南京に残った約4万の支那兵の内訳

戦闘で戦死した者、2万

便衣兵となり摘出されて処刑された者、1万

日本軍に投降しようとしたが日本軍が捕虜として保護することを拒否した(状況に応じて投降兵の助命を拒否することは合法)ため処断された(戦死した)者、1万

捕虜として生存した者、1万

by deliciousicecoffee (2009-05-26 00:39) 

すけろく

みかんママ様、erect様、genn様、yukikaze様、deliciousicecoffee様、いらっしゃいませ
これからもよろしくお願いします。

>deliciousicecoffee様

解説ありがとうございます。
デタラメな主張を繰り返しても矛盾ばかりが見つかります。
そもそも日本兵が6万人…って、有り得ない数字だし。
by すけろく (2009-05-29 09:39) 

時浦兼

>「中国人はずっと、日本人は南京大虐殺で中国人を大量に殺害したと言っている。この大虐殺は2―3カ月もの間続いたと言っているが、その間中国の軍人はどこにいたのか?2カ月も続いていたとすれば、どこにいても駆けつけることができたはずだ。日本軍人はわずかに5000人だったそうだが、中国軍はなぜ南京の市民を守らなかったのか?」  以上が、米国人の友人から受けた質問だ。私はこの質問を聞いて唖然としてしまった。私はこれまでこのような問題について考えたことが無かったし、私の周りの人間も考えたことが無かっただろう




最近、ネットで流布する「否認派」による新手の与太話。
敵の手に落ちた自国の首都で残虐行為がおこなわれるのを国民党の軍隊が傍観していたよう印象付けるというわけだ。

ほんとうにアメリカ人がそう訊いたかは、きわめて疑わしい。

「中国人はずっと、日本人は南京大虐殺で中国人を大量に殺害したと言っている。」(元ネタより)
本物のアメリカ人なら、こんな言い方はしない。

欧米人が旧日本の戦争責任を論じる場合、「あの暴虐な軍隊なら、どんな真似だってやるだろう」との前提で話を進めるのが普通だ。
彼らには、「真珠湾のだまし討ち」や「バターン死の行進」など連合軍将士になされた非道ぶりがまず頭にあるわけで、中国戦線での日本軍についても到底、「公正で規律ある軍隊」などという親切な見方はしてくれない。

まして「南京の暴虐」はすでに、まともな人は異をはさまない世界史の一部なのであり、日本政府も公式に認めるところだ。(バカウヨは悔しいだろうが)
「中国人だけが言ってる」ように言うこと自体、尻尾まるだしのバカウヨらしさであろう。


さて。
「南京大虐殺のとき、中国軍は何をしていた? 自国民を救わなかったのか?」
まったくもって、新味も、鋭さも、戦略上の理解も、まるで感じられない愚問のきわみである。

バカウヨの頭では急所をうまく突いた気なのだろうが、実際はこうしたことを大真面目で聞くのとおなじほどの愚昧ぶりをさらしたにすぎない。




「ナポレオン軍にモスクワが占領され、大火となったとき、ロシア軍は何をしてたのか?」

「1814年、英軍に首都ワシントンが焼き打ちされたとき、アメリカ軍は何をしてたのか?」

「元寇で対馬の住民が殺戮されたとき、日本の武士たちは何をしてたのか?」

そして、
「広島や長崎に原爆が落とされる間際、日本の防空隊はそれを防がなかったのか?」


もしも、「中国軍が南京を奪われたとき何もできなかった」事実を強調することが日本軍の蛮虐の度を薄める効果をもたらすと本気で考えるとしたら、否認カルトとはなんと頭のおかしな集団であるかの証明にはなるだろう。



by 時浦兼 (2012-08-01 19:52) 

時浦兼

ここのブログのアホウヨ共はもしアメリカ人にこんなことを言われたらどうするんだろうか?

「日本人はずっと、アメリカ人は沖縄戦で沖縄の住民を大量に殺害したと言っている。この大虐殺は3カ月もの間続いたと言っているが、その間日本の軍人はどこにいたのか?3カ月も続いていたとすれば、どこにいても駆けつけることができたはずだ。日本軍はなぜ沖縄の市民を守らなかったのか?」


by 時浦兼 (2012-08-01 19:56) 

時浦兼

【南京での虐殺に関する政府の記録リンク】

▼政府・外務省は虐殺の存在を認定している。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taisen/qa/08.html

▼文部省も最高裁も虐殺の存在を認めている。
http://d.hatena.ne.jp/dokusha/20041003
▼大日本帝国政府は南京での虐殺の報告を受け、しかも記録していた。
http://d.hatena.ne.jp/bluefox014/20060804
http://d.hatena.ne.jp/bluefox014/20060701
▼パール判事は日本による南京での虐殺を批判していた。
http://www1.odn.ne.jp/kamiya-ta/Pal.html



by 時浦兼 (2012-08-01 19:58) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。