So-net無料ブログ作成

民主党 小沢一郎幹事長、三度目の事情聴取へ [政治献金問題]

三度目の正直だ。
東京地検特捜部、頑張れ!

今回、検察が不起訴としても検察審議会で再び「起訴議決」となれば強制起訴となる。
しかし、検察にはここで何とか踏ん張って貰い、検審に回す事なく起訴して欲しいところだ。


---------------------------------------------------------------
小沢氏を3回目の聴取へ 東京地検特捜部
2010.5.12 14:53

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」をめぐる政治資金規正法違反事件で、東京第5検察審査会(検審)が「起訴相当」と議決した小沢氏について、東京地検特捜部が任意で事情聴取する方針を固めたことが12日、分かった。

 小沢氏が聴取に応じれば、1月23日、31日に続き、3回目となる。検審が「元秘書らとの共犯関係の成立が強く推認される」と指摘したのを受け、特捜部は、小沢氏の虚偽記載への積極的な関与の有無を再度確認する必要があると判断した。

 特捜部は2月4日、陸山会が平成16年10月に東京都世田谷区の土地を購入した際、土地代金の原資4億円を収入として政治資金収支報告書に記載しなかったなどとして、衆院議員の石川知裕被告(36)ら小沢氏の元秘書3人を規正法違反罪で起訴。小沢氏については「公判で共犯として有罪判決を得るだけの証拠はない」として嫌疑不十分で不起訴処分にした。

 これに対し、市民団体は不起訴処分を不服として検審に審査を申し立てた。

 検審は先月27日の議決で石川被告らが「収支報告書を提出する前に小沢氏に(記載内容を)報告し、了承を得た」と供述したことを重視。「提出前に(収支報告書を)確認することなく、担当者がありのまま記載していると信じて了承している」とした小沢氏の供述に対し、「きわめて不合理、不自然で信用できない」と指摘していた。

 議決を受けて特捜部は再捜査を行っているが、小沢氏を再び不起訴としても、検審が2度目の「起訴議決」をすれば、小沢氏は強制起訴される。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100512/crm1005121454029-n1.htm
nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 4

yukikaze

まさに「巨悪は・・・」となってほしいものです。
by yukikaze (2010-05-12 16:32) 

so-cosmonet

御訪問&nice!ありがとうございました。
山岡国対委員長も、先日、その場で、前言撤回(有権者を冒とく)といった、
耳を疑うような失言に続いて、
今日のニュースでは、週刊誌記事の名誉棄損の賠償請求放棄していたことが報道されています。
鳩山首相は、5月決着と言う国民との約束を、自ら『出来る限り』にと、
そのハードルをこちらも勝手に下げてしまいました。
黙っていてもボロボロと、自滅の道をひた走るのでしょうか。

by so-cosmonet (2010-05-12 18:10) 

すけろく

yukikaze様、so-cosmonet様、いらっしゃいませ。
nice!&コメントありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

>yukikaze様

先ずは「民主党No.1:小沢」を起訴→有罪に持っていけば、
「No.2:鳩山」の起訴もやりやすいかも。

>so-cosmonet様

山岡国対委員長も「何も考えていない奴」ですね。
あんな事ほざけば身内からもボコボコにされて当然。
それに気付かなかったというのは「自分しか見ていない」って事でしょうね。
「名誉棄損の賠償請求放棄」も結局は「敗戦」を認めたのかな?

鳩山氏のブレブレは…もう話にならない。

それでもケジメは付けられない民主党。
by すけろく (2010-05-13 12:25) 

すけろく

erect様、いらっしゃいませ。
nice!ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。
by すけろく (2010-05-15 00:00) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。