So-net無料ブログ作成
検索選択

「日本の侵略行為により中国に迷惑をかけた」 by 仙谷由人 [売国奴]

めまい起こしそうです…

枝野幸男氏の「悪しき隣人」、「中国とは、法治主義が通らないとの前提で付き合わないといけない」という発言は分かるが、政治家の発言としてはあまりにも軽すぎる。こんなところでわざわざ火種を点けた責任は重い。

それにしても仙谷由人という男は、一体何処の国の政治家なのだ?
日本が中国に迷惑をかけただと?特亜の主張をそのまま受け入れ、現在の問題にも絡めてくるとは、正に手口も特亜そのものだ。
一刻も早く辞任してもらいたい。官房長官の事ではない。議員をだ。
そんなに支那が好きなら支那に行けばいい。韓国が好きなら韓国に行けばいい。きっと歓迎してくれるだろう。


---------------------------------------------------------------
【尖閣衝突事件】仙谷氏「日本が中国に迷惑」対中観で不一致
2010.10.4 23:13

 仙谷由人官房長官は4日の記者会見で、民主党の枝野幸男幹事長代理が沖縄・尖閣諸島沖で起きた中国漁船衝突事件をめぐり、中国を「悪(あ)しき隣人だ」などと批判したことに反論。戦前の日本が「侵略によって中国に迷惑をかけた」ことを理由に中国を擁護した。「対中観」で不一致が露呈した形だ。

 仙谷氏はこの中で「古くから中国から伝来した文化が基本となり日本の文化・文明を形成している」と歴史を説きおこし、「桃太郎などの寓話(ぐうわ)も中国から取ってきたようなものが多い」と中国の文化的優位性を強調した。

 さらに「歴史の俎上(そじょう)に載せれば、そんなに中国のことを(悪く)言うべきではない」と枝野発言を否定。「(中国は)清朝の末期から先進国というか英米の帝国主義に領土をむしりとられてというと言い過ぎかもしれないが、割譲されて民族としても国家としても大変、つらい思いをしてきた歴史がある」と中国の近代史に同情してみせた。

 そして「返す刀」で日本の戦争責任論に触れ、「日本も後発帝国主義として参加して、戦略および侵略的行為によって迷惑をかけていることも、被害をもたらしていることも間違いない」と日本の侵略を強調して中国を擁護した。

 枝野氏は2日のさいたま市内での講演で、「中国とは、法治主義が通らないとの前提で付き合わないといけない」などと中国を批判していた。

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101004/plc1010042317014-n1.htm
nice!(6)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

nice! 6

コメント 3

No CHINA !!

『温家宝首相は4日、ブリュッセルでの菅直人首相との会談で、尖閣諸島(中国名・釣魚島)沖の中国漁船衝突事件について「釣魚島は中国の固有の領土だ」と強調した。』との事。

本当に中国は自分勝手で腹が立ちますね。
私の周囲にいる中国人も自分の主張ばかりでホント勝手です。
協調性とかまるでナッシング…。
問題が発生すると全て人のせいにする…。
欲しい物は何でも強奪し、偽物作りたい放題の無法国家の国民性なんでしょうね。

もぉ~、誰か温家宝を処分してくれ。
もしくは中国人を全て処分してくれ。

日本も弱腰でなく、もっと強く発言し国交断絶すれば良いと思う。
なんなら冷戦状態になっても良いと思う。

もう中国なんていらないんじゃないかな。
労働力は他にもっと安いところあるし。
市場としては条件が悪い。(国の政策や偽造等)
レアメタルも技術革新に力を注ぎ、レアじゃないメタル等で代用する方法を見つける方が良い。

No CHINA !! No CHINA !! CHINE CHINA~ !!
by No CHINA !! (2010-10-05 12:42) 

すけろく

釣られクマ様、いらっしゃいませ。
nice!ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

>No CHINA !!様
いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

仰る通りです。製造に関しては「支那に頼ってる」という所もありますが、逆に支那が日本に頼っている面もかなりの分野で有るんですがねぇ…
by すけろく (2010-10-05 17:18) 

すけろく

yukikaze様、yushouxi様、ロク様、erect様、コスモ牛丸様、いらっしゃいませ。
nice!ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。
by すけろく (2010-10-12 14:58) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。