So-net無料ブログ作成
検索選択

親日国家には冷たい民主党政府 [災害]

タイ・カンボジアの洪水に、トルコでの地震、親日国家にて立て続けに深刻な災害が起きている。

在日トルコ大使館に地震支援続々 日本各地から手紙、義援金
http://www.47news.jp/CN/201110/CN2011102701000274.html
トルコに緊急援助=政府
http://www.jiji.com/jc/zc?key=%a5%c8%a5%eb%a5%b3&k=201110/2011102600016
トルコ被災地で助け合い「日本人を見習いたい」
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-10-26_25233/
タイ洪水被害支援/義援金の動き始まる
http://www.lnews.jp/2011/10/42723.html

トルコに関しては、日本人を見習い地震災害にも秩序を保っているという中、民主党政府はタイ・カンボジア両国への緊急援助額を5万ドル(380万円)、トルコへは3千万円としたが、どう考えても桁がオカシイのだ。

タイ向けの支援だと…

日産:義援金1000万円、救援物資約150万円相当
ホンダ:義援金約2億8000万円、エンジンや小型ボートへの取り付けキット、計200セット
ヤマハ:支援として3000万円相当
住友商事:義援金3000万円
丸紅:義援金3000万円
東レグループ:義援金1000万円
いすゞ:義援金5000万円
ソニー:義援金3000万円+従業員から災害募金を募り、その同額を会社から供出するマッチングギフト
パナソニック:義援金3000万円
東芝:義援金3000万円
三菱電機:義援金3000万円
トヨタ:義援金5000万円
デンソー:義援金2500万円
イオン:義援金1000万円

民主党政府:5万ドル(380万円)

トルコ向けについても、日本国民からの支援額が既に760万円を超えている。タイの例を見ても民間からの金額が民主党政府からの金額を超えるのは時間の問題かも知れない。

韓国への経済支援にはポーンと5兆円のスワップを約束した政府だが…


---------------------------------------------------------------
在日トルコ大使館に地震支援続々 日本各地から手紙、義援金

 【ワン共同】トルコ東部で大規模地震が起きて以来、東京の在日トルコ大使館には日本各地から弔意や激励を伝える手紙が続々と届き、義援金は10万ドル(約760万円)を超えた。トルコのメディアが27日までに伝えた。

 5歳の子どもの手紙には「がんばって、トルコ」と書かれていた。トルコへの連帯を示す内容のほか、東日本大震災の時にトルコが支援を行ったことに感謝を伝えるものもあった。

 トルコ大使館の職員は、大震災と原発事故からまだ復興途上にある日本の人々から、これほど支援が寄せられたことに感銘を受けているという。
2011/10/27 10:37 【共同通信】

http://www.47news.jp/CN/201110/CN2011102701000274.html
---------------------------------------------------------------
トルコに緊急援助=政府

 外務省は25日、地震で被害を受けたトルコの要請を受け、国際協力機構(JICA)を通じて3000万円を上限にテントなどの緊急援助物資を送ると発表した。トルコ政府と協議しながら追加支援も検討する。 (2011/10/26-00:55)

http://www.jiji.com/jc/zc?key=%a5%c8%a5%eb%a5%b3&k=201110/2011102600016
---------------------------------------------------------------
トルコ被災地で助け合い「日本人を見習いたい」

 【ワン(トルコ東部)共同】多数の死傷者を出したトルコ東部の地震被災地では避難生活を送る人々がお互いに助け合い、落ち着いた行動を呼び掛け合っている。「日本人を見習いたい」。東日本大震災で注目された日本人の忍耐強さ、秩序を守る姿勢が教訓となっている。

 多くの建物が倒壊、損壊するなど大きな被害が出たエルジシュ。千人を超す被災者がテント生活を送る競技場では、食料配給を求める人々が整然と列をつくっていた。割り込む人はおらず、妊婦に先を譲る姿も。

 物資が不足しているとされる被災地のワンでも商店で略奪などは発生せず、救出作業が続く現場では大勢の被災者が固唾(かたず)をのんで見守り、協力を求められれば先を競って応じていた。

http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-10-26_25233/
---------------------------------------------------------------
2011年10月20日
タイ洪水被害支援/義援金の動き始まる

タイでの洪水被害が広がっているが、国内メーカーからの支援策ならびに義援金供出の動きが始まっている。

日産自動車は、タイの洪水被害に対して、義援金1000万円と救援物資約150万円相当の計1150万円寄付を行う。

本田技研工業は、災害発生地域への支援として義援金約2億8000万円を寄贈する。内訳は本田技研工業が3000万円、タイのホンダグループが1億バーツ(1バーツ=25円換算で約2億5000万円)。ホンダグループはエンジンや小型ボートへの取り付けキット、計200セットを政府を通じて寄贈している。

ヤマハは、現地のグループ会社とともに、総額3000万円相当の支援をすると発表。支援の内容は既に王室系のチャイパタナ財団への提供を開始しているライフジャケット3000着のほか、洪水で被災している地域から要望の高い船外機等の提供を検討している。ライフジャケット以外の支援物資についても、早急に機種・数量・提供方法等を検討し、実施する。

住友商事は、アジア住友商事グループと共同で3000万円の義援金供出を決めた。

丸紅は、義援金3000万円を供出する。

東レグループは、義援金1000万円を供出する。

いすゞは、義援金5000万円を贈る。

ソニーグループは10月17日、義援金として3000万円を寄付し、ソニー従業員から災害募金を募り、その同額を会社から供出するマッチングギフトも実施する。

http://www.lnews.jp/2011/10/42723.html
nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 1

erect

支援の桁が間違ってますよね。
トルコ、タイへの支援は何桁か増やして、韓国のやつは12桁ぐらい削ればいいのにと思います。
by erect (2011-10-27 21:23) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。