So-net無料ブログ作成

いい加減、言葉狩り合戦は止めるべき [政治]

維新 橋下徹共同代表の慰安婦についての発言、言いたい事は分かるのだが言葉選びに多々問題が有ったのは確か。当然ながら与野党共に彼に対する批判合戦。しかし、彼の言葉の路線上には現政権の意見と被るところも有り、(同じ党なので当然とはいえ)石原慎太郎共同代表や松井府知事の様に「橋下氏の真意」を読み取り、養護してもいいのではないだろうか?

言葉の一部を取り出して「従軍慰安婦を正当化」との文面で支那や韓国と一緒になって橋下氏を叩く日本メディア。これでは一体どの国のメディアなのかさえ分からない。まぁ、保守系の政治家は「徹底的にブッ叩く」のが日本のメディア。「日本に有る支那/韓国メディア」と考えておくのが丁度良いのかも知れない。

さて橋下氏について、やはりこれからはもう少し言葉を選んで発言するべきである。
全てを聞けば真意が分かるとはいえ、前述の様に言葉の一部を「切り出す」のが日本メディア(マスゴミ)、入念に打ち合わせを行った原稿通りに発言するところから始めるのが無難だろう。勿論、それが橋下氏の魅力の一つを封印する事にもなるのだが。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。